任意売却について

任意売却とは?

住宅ローンの返済が困難になり、所有不動産を債務者、債権者(金融機関)双方の合意のもと競売開札までに市場価格で売却する事です。

住宅を購入する際、大半の方が金融機関の住宅ローン融資を利用されております。 不動産を購入した後、何らかの事情で住宅ローン等の返済が困難になり、滞納をしつづけると債権者が抵当権に基づき、担保となっている不動産を差し押さえ不動産競売の申し立てし、強制的に売却されます。

競売は、不動産業者や投資家が転売目的や賃貸目的で購入する場合が多いため、市場価格の6割~7割程度になる場合が多く、購入した不動産が安く売却され、債務が多額に残ってしまいます。

また競売の場合、執行官が来て写真を撮られたり、不動産業者が隣人にチラシを配布し、競売されている事を知られる場合もあります。初めての経験でどうしたらいいかわからず、精神的にも大きな負担になります。

任意売却の場合、通常の売却方法と同じですから、近隣の方に状況が悟られる事はなく、市場価格で売却できます。 そのため、競売(市場価格の6~7割程度になる場合が多い)よりも高値で売却する事ができ、残債務(借入金)を減らせる可能性が高く、引っ越し費用等が捻出される場合もあります。
残債務に関しても、債権者と交渉し月々返済額を減額できる場合もございます。
以上のように、競売と比較して“任意売却”はメリットが大きいです。

C.C. STAFF BLOG
※現在、メンテナンス中です
△PAGE TOP